日中屋外でアイキャッチXは見えるか? 

日中屋外でアイキャッチXは見えるか?

 
晴天とアイキャッチX

高輝度タイプは、日照下でも善戦します。


 
少し難しいテーマなので、コラムの体裁でご案内します。
 
アイキャッチXのご購入を検討されているお客様によくある疑問が、
「屋外で使っても大丈夫か」というものです。
大丈夫か、という問いかけは曖昧で、その実2つの質問で成り立っています。
 
(1)雨ざらしでも正常に動作するか。
(2)日照下でちゃんと見えるか。
 
(1)の疑問は明確にお答えできます。大丈夫です。
アイキャッチXは、365日雨ざらしの環境でも正常に稼働します。
 
悩ましいのは(2)の疑問です。
設置環境によって見え方がずいぶんと変わります。
この疑問に、一律の基準や回答を用意するのは困難です。
 
視認性の確認で手っ取り早いのは、
お近くの設置場所で実際にご確認頂くことです。
下記のマップで、メーカーが設置場所を案内しています。
https://mapsengine.google.com/map/viewer?mid=zl12txx3seEE.kd8X99oKkgRs
(※上記マップの詳細等は、弊社のサポート外です)
 
しかし、近場に設置場所が無く、観に行く時間も無い場合。
「売り手の正直な感想を聞かせて欲しい」
というご要望もあると思います。
 
以下は、弊社代表である森内の個人的な見解です。
これらの目安に関して責任は負いかねますので、予めご了承ください。
 
【屋外】夜……良く見えます。
【屋外】夕方……良く見えます。
【屋内】ショッピングモール等の館内……良く見えます。
【半屋外】日中のアーケード街……見えます。
【屋外】日中で曇天や雨……見えます。
【屋外】日中で薄曇り……見えにくいです。
【屋外】日中で晴天の日陰……見えにくいです。
【屋外】日中の晴天で直射日光下……かなり見えにくいです。
【屋外】日中で西日が直撃……かなり見えにくいです。
 

 
アイキャッチXは、概ね市販テレビ並の明るさです。(500~550カンデラ)
予算が十分で、日中屋外のより良い仕事をお求めでしたら、
弊社は迷わず、高輝度タイプのアイキャッチX をお勧めします。
しかし、リンク先の価格をご覧の通り、
高輝度タイプは通常の42型に比べて、「明るさ3倍・お値段2倍強」です。
 
さらに予算があれば、150万円~600万円で屋外用のLED看板も設置できます。
LED看板クラスの照度であれば、日中屋外でも積極的に使えます。
参照 屋外用の大型LED看板は作れますか?
 
液晶看板はそれ自体が目立つ存在です。
筐体は大きくて存在感があり、動画だけでなく音声も再生します。
当然、周囲が液晶看板を導入していないのであれば、
設置するだけで相当に目立ち、差別化につながります。
 
リース契約の場合、月々7,000円台で導入できますので、
掛けるお金と効果のバランスを考慮して、機種をお選び頂ければと思います。

 

【カテゴリ別 記事】

全ての記事は表示していません。過去の記事はサイトマップサイト内検索でご覧ください。
 

デジタルサイネージ
 
素材配布

 

動画制作

  

YouTube活用

 

ソフト&ガジェット
 
コラム
 
 
疑問に答えます