動画テンプレートとカスタマイズの例 

動画テンプレートとカスタマイズ

この動画は、Adobe After Effectというソフトと、
対応の動画テンプレートを使って作成したものです。
 

 
撮影だけで数十万円は掛かるであろう、素晴らしい見栄えの動画が
ひな形で作れてしまうのですから、なんとも凄い時代です。
(ちなみに、上記のテンプレートは1回30ドルで商業利用可)
しかし、テンプレートがそのままデジタルサイネージに使えるとは限りません。
テンプレート動画を適切にカスタマイズするのが、制作者の腕です。
例えば………。
 
テンプレートのカスタマイズ例

 
このように、必要な情報を常時表示して、
ユーザーが任意のタイミングで情報が拾えるようにしたり、
伝えるべきメッセージをテンプレートに重ねたりします。
情報の希薄な画面で「無言の情感」を求めても、
デジタルサイネージでは殆ど仕事になりませんので、ご注意ください。
 
液晶看板(デジタルサイネージ)の動画では、
 1、通行者へのアプローチ距離が長い
 2、通行者は丁寧に動画を見ない
 3、環境音により、音声が聞こえない場合がある
以上の3点を踏まえてコンテンツを作る必要があります。
 
<関連記事>
デジタルサイネージ用動画の作り方 ①常時表示する情報について
デジタルサイネージと環境音
液晶看板を車道向けに使う場合の文字サイズ
デジタルサイネージ動画のポイント
 
つまるところ、
市場に流通するテンプレートをそのまま使っても、
仕事に使える動画になりにくい、ということです。
テンプレートを使うと、初心者でも素晴らしい見栄えの動画が作れますが、
メッセージ不在の動画では意味がありません。
現場では、メッセージの無いデジタルサイネージの動画よりも、
メッセージのある手書きPOPの方が、売上げに貢献します。
 
弊社は通常、テンプレート使わずに制作しています。
しかし、特に豪華な見栄えをお望みの場合は、
今回のような動画も制作可能ですので、お気軽にご相談ください。
(オプション扱いとなります)

 

【カテゴリ別 記事】

全ての記事は表示していません。過去の記事はサイトマップサイト内検索でご覧ください。
 

デジタルサイネージ
 
素材配布

 

動画制作

  

YouTube活用

 

ソフト&ガジェット
 
コラム
 
 
疑問に答えます