動画コンテンツは事業の役に立つか?

実際どうなんですかね
実際どうなの?

テレビ放送のような大きなメディアではなく、主にインターネットやデジタルサイネージを使った活動において、動画はあなたの事業にどのような貢献をするでしょうか。どのような動画を作るかにより、得られる結果は変わりますが、次のような効果が期待できます。

1、売上アップ
多くの事業者様が動画を作る理由がこれです。優れた動画コンテンツは来訪者を説得して商品の購入に誘導します。購入方法まで案内しますから、動画一本を視聴するだけで、御社に注文の電話が掛かることもあります。この効果は、テレビショッピングが証明しています。

2、他社との差別化
御社の商圏かつ競合他社で、本格的な動画コンテンツを導入している企業は何社思い当たりますか?思い当たりがあるなら、PR分野で遅れを取っていることに危機感を持つべきですし、思い当たりが無いなら、同業他社を出し抜いて差別化を図るチャンスです。

3、他社に一目置かれる
優れた動画コンテンツを持つ企業は、社交の場で一目置かれます。自社の動画を公開する機会があればなおさらです。動画を使ったアプローチは多くの中小企業が後込みしていますが、それが実は数万円からの予算で導入できてしまうのは、あなたが知る秘密です。

4、社内教育に役立つ
社員が自社の理念を知らない、手掛けている事業を知らない、社長の思いや考え方に関心が無い……大企業ならともかく、中小企業でこのような風潮を放置するのは将来のリスクです。社内向けの動画を作ることで、経営者との認識のズレを埋めるのに役立ちます。

5、人材の登用に役立つ
「当社の紹介動画を見た感想をお話しください」と訊くだけで、薄っぺらい就活対策は脱落します(そもそも視聴していないかも…)。自己PRのみに熱心な人材は御社に必要でしょうか?動画コンテンツにより、御社への関心と行動力がある人材を見極められます。

 

■動画を作るのは手間が掛かる?
動画作りには手間が掛かります。それを軽減するために我々事業者がいます。導入を健闘する事業者様にお願いする作業は次の2つです。

1、素材集め
ベーシックな動画コンテンツに使う写真(動画)の種類は次の通りです。殆どの場合、スマートフォンの撮影でも大丈夫です。これらは弊社にお任せ頂くこともできます。
・お店の外観
・店内の風景
・お店のロゴマーク(印刷用データが望ましい)
・商品写真を数点
・商品の使用方法を示す写真
・その仕事を象徴する小物やオブジェ(理容店ならハサミなど)
・スタッフの仕事中の様子
・お客様の写真(可能であれば)

さらに凝ったコンテンツにしたい場合は、次の素材をご用意ください。
・お客様へのインタビュー
・スタッフや代表へのインタビュー
・スタッフや代表からのメッセージ
お手持ちのスマートフォンでこのリストを消化するだけで、十分お客様に訴求できるコンテンツになります。

2、動画案と動画のチェック
制作にあたっては、弊社とのコミュニケーションを重視ください。動画案と動画のチェック遅れが、納期遅れの最大の原因です。お客様と弊社でこの点さえ密接な連携が取れれば、通常1ヶ月は掛かる動画が2週間で完成しますし、急なキャンペーンにも十分に対応できます。



→デジタルサイネージ導入と動画制作のご相談

→30秒で御社に最適なデジタルサイネージを調べる方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA