iPhone/iPodの明るさとデジタルサイネージの明るさ

WEBサイトの方にも記事を上げていますが、iPhone5、iPhone6、iPodTouch(第5世代)の明るさは500cd/m2なので、500-550cd/m2の液晶看板アイキャッチXシリーズと、おおむね同程度の明るさです。面積が全く違うので、明るさの総量は比較になりませんが、文字や絵の見え方は概ね参考になります。

「アイキャッチXの明るさはどうですか、日中の屋外でも見えますか」と電話で聞かれる度に困っていたのですが、これで目安が出来たので、一息ついた気分です。

必要は発明の母と言いますが……やはり必要性に駆られないとアイデアはなかなか湧きませんね。この度は出張&現地調査の案件があり、どうあっても現場でアイキャッチの見た感じを、お客様に説明する必要があったので、一生懸命同じ輝度のモニターを探していて、身近な回答を得た次第です。

日中曇天でiPodを屋外で見ると……
何しろ人間の目の感覚ですから、あまり参考にはなりませんが……曇天の屋外で撮ると500cdのiPodTouchがこのような見え方になります。個人的には、視認性は全く問題ないと感じました。問題は、これが真昼の直射日光下では……という話です。



→デジタルサイネージ導入と動画制作のご相談

→30秒で御社に最適なデジタルサイネージを調べる方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA