アイキャッチXの故障例 

アイキャッチXの故障例

 
悩む

 
実際に起きたアイキャッチXの不具合の事例を紹介します。
 
 
【事例1】音量が急に半分くらいに落ちた
ある日突然、アイキャッチXの音量が落ちた。
ボリュームを最大値に上げても、従来の半分程度の音量しか出ない。
納品から2カ月経たずに、このような連絡を頂きました。
調べると、内部にある2つのスピーカーのうち、一つが動作していませんでした。
通常は工場送りでの修理となりますが、故障箇所が明確であることと、
たまたま、弊社近くのお客様であったため、
メーカーから取り寄せた交換品で、弊社が出張修理しました。
お客様の金銭負担はありませんでした。
 
 
 
【事例2】納入"翌日"に映らなくなった
これには頭を抱えました。お客様の怒りも推して知るべしです。
メーカーが回収して工場で分析したところ、
内部スピーカーの凹みと、電源周りのショートが認められました。
古いビル等で時折発生する「過電圧」による故障であれば、
内部のヒューズで原因を特定できますが、、
(過電圧故障の場合は自然故障ではなく「事故」扱いとなります)
今回の電源周りのショートという事象は、
メーカーが1000台以上出荷していて、初めてのケースでした。
内部スピーカーの凹みから、何らかの圧力や衝撃が想像されましたが、
原因の特定が困難な為、お客様負担無しでの修理対応となりました。
 
 
 
【事例3】音が鳴らない
映像は再生されるが、音声が鳴らない、というケースです。
これも、納品直後に発生して頭を抱えた問題です。
リモコンによるボリュームの設定ミスや
ミュートボタンの押し間違いでない場合は、
メディアプレーヤーの音声同期ズレが考えられます。
 
稀に、動画の再生時に映像のデータと音声のデータを
プレーヤーが「同時に掴みそこねる」場合があるようです。
その場合は、映像のみの再生になってしまいます。
この事象はメーカーにも何例か報告されている不具合で、
通常は本体を再起動すると解消します。
しかし、このケースではその発生頻度が異常であり、
結局メーカーによる新品交換対応となりました。
 
 
 
【事例4】キャスターが壊れた
本体を支える4つのキャスターは、一個あたり30Kgの加重に耐えます。
ゴムの厚い丈夫なキャスターではありますが、
凹凸や段差の上を頻繁に移動すると、早く傷んでしまいます。
キャスターは保険の適用外であるため、このケースでは、
一個500円(税別)+送料+代引手数料で、お客様にご購入頂きました。
尚、アイキャッチXのマニュアルでキャスターの
取り付け方法が解説されており、作業はお客様自身が行います。
 
 
 
【事例5】動画が再生されない
これは機材の不具合ではなく、動画データと機材との相性問題です。
(弊社は動画のOEM制作も行っています)
アイキャッチXには納入時にデモ用動画が挿入されており、
電源を入れると自動的に再生が始まります。
デモ動画が正常に再生されている場合、本体に不具合は無く、
再生の不具合は基本的にデータ側に原因があります。
 
弊社はアイキャッチXのオフィシャル動画を制作しているので、
まず、この手の不具合は発生しませんが、
過去に1~2回「いつもの形式なのに再生されない」
という不具合が起きたことがあります。
原因は未だに不明ですが、おそらくメディアプレーヤーに個体差があり、
稀に動画データとの相性問題を起こすことがあるようです。
このケースでは動画形式をMP4→WMVに変換して、無事再生できました。
 
 
 
■トラブルが起きたらどうするか
不具合が発生した場合はお手数ですが、
弊社に電話して(直通 090-3748-6132)状況を詳しくお伝えください。
お電話を通じての操作で不具合が解消できる場合もありますので、
製造メーカーの担当者から、折り返しご連絡する場合もあります。
状況により、様々な方法で対応させて頂きますので、
大変にご迷惑をおかけしますが、宜しくお願い致します。
 
サポートは弊社からご購入頂いたお客様が対象となります。
 
尚、「自然故障」と「事故」による故障では、
お客様の負担が異なりますのでご注意ください。
メーカー保証や動産保険が利いている間は、修理費無料ですが、
送料は保険対象外の為、故障内容によっては保証期間内でも、
お客様に数万円~の負担が発生する場合があります。
 
 

 
 
現実として、初期不良に準ずる不具合はあります。
メーカーは当然、発送前に動作チェックをしていますが、
輸送中や到着後の何らかの要因で、
それまで隠れていた不具合が顕在化するかもしれませんし、
コンセントを挿した途端に過電圧によるショートが起きる可能性もあります。
 
弊社としても不具合が発生した場合は、
可能な限り迅速に対応させて頂きますので、
ご不便をお掛けしますが、どうぞ宜しくお願い致します。

 

【カテゴリ別 記事】

全ての記事は表示していません。過去の記事はサイトマップサイト内検索でご覧ください。
 

デジタルサイネージ
 
素材配布

 

動画制作

  

YouTube活用

 

ソフト&ガジェット
 
コラム
 
 
疑問に答えます